So-net無料ブログ作成

イーアクセス 買収 株価ストップ 評判 [イーアクセス 買収 株価ストップ 評判]

sponsor link


イーアクセス 買収 株価ストップ高 評判

ソフトバンクがイーアクセスを買収 しイーアクセスの株価ストップ高!イー・アクセス(イーモバイル)の 評判は?

ソフトバンクがイー・アクセスの買収を発表しましたね。

株式に目を向けると、2日の東京株式市場で、前日ソフトバンクが株式交換方式で買収
(1株5万20000円での株式交換による買収)
を発表したイー・アクセスの株価は、買い注文が殺到した。

買い気配のまま値がつかなかったが、取引終了の午後3時に、
前日比4000円高の2万3000円で取引が成立、ストップ高で終了しました。

気になる買収する側のソフトバンクの契約数ですが、

携帯契約者数では、NTTドコモが独走していのに変わりはないですが、
この買収により、両社合わせた契約者数は3434万件(8月末)で、2位のKDDI(au)の3588万件に肉薄します。
PHSのウィルコム(2010年に子会社化)を合わせれば3911万件となり事実上の2位です。(孫社長談)

これで国内の携帯事業者は首位のNTTドコモ以下3社に再編されました。

なんでもスピード買収でソフトバンクの孫正義社長は記者会見で、
「(iPhone5発表後の)9月19日に買収を決め、その後イー・アクセスに提案した」と説明し。
iPhone5が新たに対応する次世代高速通信「LTE」の周波数を買収で強化し、
ライバルのKDDIとの競争を優位に進める考えを示しました。

買収の経緯として考えられるのは
ソフトバンクのデータ通信はイーモバイルの回線を借りています。
その経緯があってすんなり話が進んだのでしょう。

また、auのiPhoneはLTEがウリとなっておりユーザーの評判もよく
ソフトバンクとしてはauのiPhoneに対しての危機感が買収を急がせたのでしょうね。

イー・アクセスの回線を利用してのLTE、そしてテザリングの実現で
なんとしてもKDDIに追いつき、追い越したいとの悲願の現れでしょう。

詳しくはコチラのサイトをご参照下さい。
■ソフトバンクがイー・アクセスを買収――きっかけは「テザリング」
http://businessnetwork.jp/Detail/tabid/65/artid/2426/Default.aspx

マスコミはその部分ばかりクローズアップしていますが
ユーザーとしての意見は皆無です。

実は私は仕事用携帯がソフトバンクで一時期データ通信にイーモバイルを使っていました。
そう過去形です。

まずは、このイー・モバイルのテザリングのテストの動画を観て下さい。

1メガを超えるスピードが出ていますが、
これはあくまでも電波が通じる所です。
e-mobileの電波は遮蔽物や天候・・・曇り、雨、雪で極端に弱くなります。
マンションなど部屋の奥まで電波が届かない事は珍しくありません。
運が悪いと繋がらない状態になります。

繋がらないとサポートに問い合わせる訳ですが、
サポートデスクはアルバイト?って程度のスキルしかもっていないサポートだったし、
あまりにも繋がらないもんでWiMaxに乗り換えちゃいましたよ!
イーアクセス(イーモバイル)は 解約です!



で買収する側のソフトバンクも繋がりにくいのは事実で、
京都の繁華街にあるホテルで電話が出来ない事には閉口してしまいました。
幸い携帯は二台持ちなのでドコモの携帯で電話しましたけど・・・。

売上で2位になっても繋がらないからとauのiPhoneに乗り換え・・・
なんてシャレにならないのでちゃんと繋がる基地局を増やして下さいね。

じゃないとauに乗り換えちゃいますよ(笑)

もし、ソフトバンク+イー・アクセス(イー・モバイル)に乗り換えるつもりの方は良く調べてから乗り換えをオススメします。

私の二の舞にならないで下さいね。

あくまでも何処で通信を行うか?によって繋がる、繋がらないは違って来ますから。

sponsor link


nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
QLOOKアクセス解析

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。