So-net無料ブログ作成
オリンピック Beats by Dr. Dre ブログトップ

ロンドンオリンピック イギリス選手愛用 Beats by Dr. Dre ヘッドフォン [オリンピック Beats by Dr. Dre]

sponsor link


ロンドンオリンピックでイギリス選手愛用のBeats by Dr. Dreヘッドフォンとは?


■サムスンが五輪委員会に圧力、選手愛用のヘッドフォンを使用禁止に
http://london.yahoo.co.jp/news/detail/20120806-00000036-scn

「Beats By Dr.Dre」とは、

ラッパーのドクター・ドレー(Dr.Dre) が監修したワイヤレス・ヘッドフォンで
ブルートゥース(Bluetooth)技術を使ったワイヤレス・ヘッドフォンです。
ヒップ・ホップやラップのファン層には大変人気があります。

この「Beats By Dr.Dre」を巡ってロンドンオリンピックでは問題が発生しています。

発売元のビーツ社(Beats Electronics)がイギリスのオリンピック・チームやメダル獲得候補選手に無償で、
がユニオン・ジャック仕様のヘッドフォンをプレゼントし
「Beats By Dr.Dre」をプレゼントされたイギリスのテニス選手とサッカー選手がツィッターで
「このヘッドフォンが大好き」と発信した事が発覚し、
「大人の事情」でイギリス五輪委員会によって削除されました。

「大人の事情とは」国際オリンピック委員会は規約で公式スポンサー以外について、
選手達が個人的にウェアー等で他のスポンサーを表示したりする事は厳禁で、
ソーシャル・メディアやツィッターで特定の商品を宣伝するような行為も禁止している為です。

しかし、この事に対し選手達は反発してツイッター上でこの条件を削除する様要求しています。

本当の「大人の事情とは」ロンドンオリンピックスポンサーの「サムスン電子」の圧力と言われています。
■ロンドンオリンピック サムスン ヘッドフォン 圧力
http://maisengesewanews.blog.so-net.ne.jp/2012-08-06-3

「Beats By Dr.Dre」は人気があるが高額な為、ニューヨークでは盗難事件もたびたび起きていると音楽業界誌ビルボードが伝えています。
■「Beats By Dr.Dre」強奪の現場(なぜか誰も助けない)


sponsor link


nice!(0)  トラックバック(0) 
オリンピック Beats by Dr. Dre ブログトップ
QLOOKアクセス解析

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。